超快適な設備! 恵庭のRVパーク

はなふる 公式サイト

車中泊した感想としては、[RVパーク花ロードえにわ]の設備は快適すぎるRVパークです。車中泊の不便性を感じさせない点においては、女性や小さなお子様、ペット同伴の車中泊に向いています。

RVパーク受付(総合案内所)

停車場所の指定はチェックインの順番で決められる。

パークには中型車用10台と大型車用9台で区分けされていますが、チェックインの順番で停車位置が指定できるようになっています。

 チェックインは12:00~16:45ですが、受付のみであれば10時過ぎから対応してくれますので恵庭観光の方は、早めに受付(場所指定)して移動されるといいでしょう。

センターハウス 右手に受付窓口があります。
車中泊の受付は中央奥のカウンターになります。

チェックインには身分証明書が必要です

チェックインすると共有スペースを利用するには、鍵[IDカード]で玄関のアートロックを解除する必要があります。

説明書と入館証
チェックインするとIDカートの入館証と説明書が受け取れます。

車中泊スペース

中型車用のスペースには芝生があります。火気は使えませんがオーニングの展開、サイドテーブル、イス等の並べることができます。※敷地内でのペットの排泄は厳禁

中型車用のパーク入れ口
駐車スペースには専用の電源が装備
大型車用の車中泊スペース9台  幅5.1m×長さ6mまで

共有設備のご紹介

雑談スペース
24時間いつでも共有スペースが利用できます。
IHキッチン・鍋・食器などが用意され、自由に利用できます。
電源・Wi-Fiも完備されております。屋外でもWi-Fiの電波がバッチリ届いていました。
コインランドリー 100円/1回~500円/1回
24時間利用可能なトイレは清潔感があります。
手洗い設備、暖房も整っています

シャワールーム&脱衣所

いつでも無料でシャワールームが利用できます。
男女で分かれて利用できますが、石鹸やシャンプー剤の備え付けはありません。

当時は8組が車中泊していましたが、シャワー待ちせず利用できました。

RVパークとつながる施設 道と川の駅 花ロードえにわ

※花の拠点 はなふる公式ホームページより引用した画像

RVパークの前は、ガーデンエリアと道の駅でつながっています。※入口は別々です。

「花の拠点 はなふる」は、道の駅「道と川の駅 花ロードえにわ」、農畜産物直売所「かのな」、「ガーデンエリア」、ファミリーガーデン「りりあ」の他、スターバックスコーヒーの店舗が隣接しているふくごう

散歩コース 花ガーデン
左手の奥が道の駅になります。
えにぱん 本格的にベーカリーショップ 40種類の出来立てパンが並ぶ
もっちりとしたリンゴパンの中には芳醇な果肉と濃厚なカスタードクリームが包まれています
建物奥の中央にはキッズスペースがあります。
天井もおしゃれで素敵です
テラス席もあります。 奥にはおにぎり屋さんとスタバックスが併設

今回は、恵庭のRVパークの体験をご紹介させていただきました。
札幌市内から40分程度と近隣と、いつも大混雑している道の駅でしたので、素通りしていましたが、RVパーク予約が可能をきっかけに、いいスポットを見つけることができました。

近隣のお立寄りすぽっと

車で5分程度の距離にモール温泉も2か所、ビール園[サッポロビール庭園 ヴァルハラ・パークゴルフ]もあり、1日中楽しむことができる環境にあります。

サッポロビール庭園
4つのコースが堪能できる広大なパークゴルフ場 
池には50羽ぐらいカモが日光浴していました

ヴァルハラ

北海道の定番 ジンギスカンコース
味付けジンギスカン(焼き野菜付)1,628円 味付け(醤油)ラム、もやし、じゃがいも、ニラ、玉ねぎをチョイス
店内では配膳ロボットが働いています。

安近短でゆったりと満喫した休日を過ごしてみてはどうでしょうか。
ちなみに足を運ぶと恵庭渓谷でお散歩もできます。

10月9日時点では木々が青々しており紅葉は楽しめませんでしたが、10月下旬には見頃を迎えると思います。

関連記事

  1. 北湯沢温泉郷 湯元 ホロホロ山荘 | 北海道の車中泊スポット

    北湯沢温泉郷 湯元 ホロホロ山荘

  2. RVパーク峠のびほろ

    RVパーク峠の湯びほろ

  3. 層雲峡 流星の滝

    層雲峡温泉で車中泊

  4. RVパーク糸井の森

    車中泊レポート RVパーク糸井の森

  5. 農村公園フルーツパークにき RVパーク

    農村公園フルーツパークにき RVパーク

  6. 北海道立宗谷ふれあい公園

    オートキャンプ場 | 北海道立宗谷ふれあい公園