摩周湖

摩周湖
摩周湖

摩周湖

摩周湖は、北海道川上郡弟子屈町にある湖で、日本で最も透明度の高い湖として知られています。平均水深は138メートル、最大水深は240メートルにもなり、水深が深いため、湖面の色は青一色です。この青い湖面は「摩周ブルー」と呼ばれ、多くの観光客を魅了しています。

摩周湖摩周湖は、周囲を山々に囲まれているため、風がほとんど吹きません。そのため、湖面はいつも穏やかで、波立ちません。また、摩周湖はカルデラ湖という種類の湖で、カルデラとは火山の爆発によってできた凹地です。摩周湖のカルデラは直径約10キロメートル、深さ約300メートルにもなります。この広大なカルデラに広がる摩周湖は、圧倒的なスケールと美しさを誇ります。

摩周湖は、周辺に温泉地や観光スポットも多く、観光に最適な場所です。摩周湖周辺の温泉地では、摩周湖の美しい景色を眺めながら、温泉を楽しむことができます。また、摩周湖周辺には、阿寒摩周国立公園や川湯温泉郷など、多くの観光スポットもあります。

摩周湖は、北海道を代表する観光スポットの一つです。一度訪れたら、その美しい景色に魅了されること間違いなしです。

関連記事

  1. 北海道ボールパークFビレッジ

    北海道ボールパークFビレッジの立ち寄り情報

  2. 東藻琴の芝桜公園

  3. 砂湯

    屈斜路湖の砂湯

  4. トンネル

    「日本の渚百選」に選ばれるだけの海岸 積丹岬

  5. フロックス公園

    あばしりフロックス公園

  6. 道の駅「名水の郷きょうごく」

    道の駅「名水の郷きょうごく」